BRANDING SEKIWA-STYLE

ブランディングとは
企業継続のための手段である。

一般的にブランディングとはネーミング、ロゴ、色彩、デザイン、キャッチコピー、パッケージなどのブランド「構築要素」と消費者・顧客がブランドと接するあらゆる機会「ブランド体験」によって、その商品・サービスに何ができるか、他のブランドと比較して何が魅力的かを伝える行為です。
ブランディングは消費者と企業双方にメリットがあり、企業が存続するために必要な活動がすべて含まれているのです。

関和流ブランディング術とは

中小企業に適した手法

ブランディングの対象としては、商品やサービス、それらを供給するあらゆる企業や団体などが該当します。
ブランディングは資金力のある大手企業のみの活動と思われがちで、中小企業は手掛けてない企業が殆どです。しかし、本来は中小企業こそ、ブランディングが必要といえます。少ない投資で最大限の効果を得るための活動と言っても過言ではありません。中小企業は早期にブランディングに着手するべきと考えます。

WEBサイト構築が母体となる

関和流ブランディングは、WEB サイト構築からスタートします。それは顧客にとって WEB サイトが「ブランド体験」の最初の機会となるからです。WEB サイトを構築する段階で、ブランド要素とブランド体験を再構築します。また、マーケティング要素のセグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングもその課程で再定義します。WEB サイト構築により、ブランディングに必要な要素すべてを統合的に最短に着手することができます。まさに中小企業に最適なマーケティング手法といえるのです。

ブランディングによる効果

ブランディングに構築において、「ブランド要素」、「ブランド体験」を再構築することにより、いままで気づかなかった問題点も浮上し、問題解決の機会を得ることができます。また、従業員もブランディングにより自社に対する好感度がアップし社内全体に活力がでてきます。結果、自然と売上げの増加を招きます。
このように企業全体に活力を与える関和流ブランディング。通常はCI会社、マーケティング会社、WEBやパンフレットのデザイン会社などに複数に分散か広告代理店に頼まざるを得ません。それを関和が一手に引き受け解決することができるのです。まさに中小企業にとって最良の方法といえます。

PAGE TOP
PAGE TOP